次回の足音42
今日5月25日は、Mr ボージャングルの誕生日でした。

b0132139_092029.jpg


アメリカでは今日の日を「タップデイ」と、認定されているそうです。

中目黒にある「KAZ TAP STUDIO」にてパーティーがあり、タップダンスを皆で感じれた一日でした。 www.kaz-tapstudio.com


b0132139_013438.jpg






さてさて、次の足音はいよいよ「ミニタップリライブ」のスタートです。

テーマをもってやりたいと考えて、思いついたのがこの企画。

月の最後の木曜日は振り付けを考え、それを発表して行こう!と、言う事です。


もちろん、いつも通り自由に踊りたい人もよろしくお願いします!(この回に関してはミュージシャンを呼びませんので、SUJIジェンベかタップダンサーとのセッション、CDでの選択になります)


「タップダンス」忘れてはならないのが「ダンス」と言う事です。

よく周りから耳にする「セッションはちょっと。。」と言う言葉、そう、このイベントの規約に「一人で踊る事」「生楽器とのセッションのみ」という約束はどこにも無いのです(笑)。


けっこー前から、CDかけて振り付けを何人かで踊ったり、それを一人で踊るも良し!と、言っていたつもりでしたが、「セッション」と言う言葉、「ジャム」と言う言葉を前に出していた為に、ちょっとした壁を作っていた様です。(すいません)




そんなこんなで次の足音は非常に楽しみですね!、俺も先週タップダンサーのりずむKさんと踊った振りを再チャレンジします、次は決めます!!(笑)


色んな人達が「振り付け」と言う、ダンスならではの良い所を引き出して盛り上げて行きたいですね!


今決まっているチャレンジャーは。。。。


「タップダンサーの山形」 彼は世代を越えたタップにチャレンジ!と言う事でおじいちゃんから子供まで、をテーマにやってもらいます。

楽しみですねー。



そして、早稲田大学のタップサークル「UNITY」


b0132139_22434014.jpg



大学にそんな素敵なサークルがある事を学生の時知ってれば、俺も大学に行きたかったですねー(笑)


そんな彼らからのメッセージも届いてますよー



「こんにちは!早稲田大学タップダンスサークルUNITYです。 タップ大好きなメンバーが揃って、毎週練習しています☆興味がある方はいつでも遊びに来てくださいね♪今日は緊張しつつも楽しんで踊ります!!TAPの足音!Yeah!!」


と、言う元気一杯のコメントをいただきました、ありがとうございます!!
b0132139_22492732.jpg




と、言う事で、次の足音、5月28日(木)20:00オープン 21:00には1部を始めたいと思っています。


その日の予定は。。


20:00〜21:45(ステージ開放タイム、気軽に踊ってみて下さいね)

21:00〜21:40(タップダンサー山形ライブ)

22:00〜(UNITYライブ、etc.....)

23:00〜 23:15(タップ映像会)

23:15〜24:00(ステージ開放タイム)

終了

です、タップジャムセッションは22:00スタートの2部最後の方でやりたいと思っています。



変更ありましたらまた告知しますー


では、「木曜は、タップの日!」を合い言葉に、タップダンスを盛り上げましょう!!!




Photo by Kazuyo Seki
b0132139_23423166.jpg
SUJI TAP


15歳の頃、熊本のダンススタジオにてストリートダンスを始める。19歳で上京。ダンスチーム・ヒップホップシーンで注目を浴び、数々の有名アーティストのバックダンサーをつとめる。ダンスグループ「STAX GROOVE」や「SYMBOL-ISM」のメンバーとして活躍し、22歳で、タップの巨匠HIDEBOH氏に師事。以後、タップダンスにはまり、2001年1月から2005年12月までの5年間、THE STRiPESのメンバーとして 活躍する。2003年キタノタケシ映画「座頭市」、2005年同じくキタノタケシ映画「TAKESHIS」に出演。2005年SkyPerfectTV春のキャンペーンCMに出演。同年11月にはアメリカのChicagoHuman Rhythm Projectの15周年記念フェスティバルにアジア代表として参加。

2007年 陣内孝則監督作品「SMILE スマイル 聖夜の奇跡」タップシーン振り付
け。 

2006年の1月からソロ活動をスタート、インプロを主体とした様々なライブやイベ
ント活動のほか、ワークショップや映画振付など活動は多岐に渡る。

2007年8月より、毎週木曜日のタップナイト「足音」を代々木ANCEにて開催、タップダンスの普及に務めている。
[PR]
# by tap-dancer | 2008-05-25 23:07 | 足音インフォメーション
足音41 Dr Jimmy Slyde 追悼
昨日の夜は最高の仲間、最高のダンサー、そしてチャレンジャーが集まり、最高のタップナイトが無事に終了しました。

これも全てDr Jimmy Slyde氏の凄さ、国を越えて、タップを愛する人達にどれだけ影響を与えているか、という事。

感謝の一言です。

b0132139_10451762.jpg



(映像提供) STRiPES HIDEBOH

自分は「アメリカ」と言う国とは全く無縁の男です(笑)。


それだけに、憧れは半端じゃない。



なので、その憧れを自分なりに形にするしか方法はありませんでした。


それがこの「足音」です。


映像で見ていたNYのタップナイト、集まっているダンサーに憧れて、凄すぎて悔しくなり、ただただ公園で真似をして一日が過ぎて行きました。


それに憧れすぎて、24才の時、何も調べずに一人でNYに行った時、リュックの中にタップシューズを入れて街を歩きましたが、知り合いも居ないし、調べてないから何処に何がある事も知らず、ひたすらNYを歩いただけで帰国しました。(笑)



その時に感じたのは、「仲間が居ないと俺は何も出来ないんだな」、と言う事でした。


それから8年位経って、この週一回のタップナイトをやれている、それはタップを愛する人達が自分の周りに沢山居てくれるからこそです。


24才の時に感じた事、そして今感じている事は何も変わらずに存在している、それがJimmyが言っていたという「愛」そして「喜び」なのかもしれませんね。


b0132139_11112367.jpg



Dr Jimmy Slyde氏   映像提供 Basement





さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回も足音スタッフ「どわちゃん」のナイスな写真と共に、41回目を振り返ってみたいと思います!!


b0132139_11173856.jpg


子供達も頑張ってましたよー!


本当に沢山のタップダンサー達が集まってくれました、世代を越えて皆にとって良い場所、楽しめる場所であってほしいな!と思っています。


b0132139_11234774.jpg



ピアノの渡辺 泰介さんに来てもらい、様々なダンサーの要望に全て答えて弾いてくれました、人としても尊敬すべき泰介さん、今後もよろしくお願いします!ありがとうございました。



b0132139_11294795.jpg



タップダンサーのりずむKさんも来てくれました!、二人で一緒に踊ったり、りずむさんのラップも飛び出し、足音に関しての詩を作ってもらってたみたいで本当に嬉しかった〜

9月には、りずむKさん率いるグループ「平和の森Hoofer`sのスペシャルイベントが吉祥寺のスターパインズカフェにて開催されます、俺も参加させてもらいますー、詳細はこちらまで!

www.heiwanomori.com


b0132139_11393048.jpg



足音に初めて来てくれたタップダンサーも、りずむさんの引率により踊ってくれました!
チャレンジ!!!

b0132139_11424473.jpg


タップダンサーのPORIとも踊りました、Jimmyがワークショップでやった振り付けを、みすみ”Smilie”ゆきこさんに教えてもらって、Song For My Fatherと言う曲に合わせました。

シンプルだけど難しかった!!また練習しよう。



b0132139_11501811.jpg



この日の為に振り付けを考えてくれたり


b0132139_11523423.jpg



ソロでチャレンジしてくれたり



b0132139_11554799.jpg



大人数でシェアしてもらったり(イケメン揃えました笑)




b0132139_11594435.jpg



最後はサボイと言う曲でシムシャム(タップダンサーなら誰でも知っている有名なステップ)で合わせて終わりました!!



b0132139_1252585.jpg



みすみ”Smilie"ゆきこさんからのメッセージが届いていたので、そのメッセージを皆に届けました。

みすみさんの熱い気持ち、皆に伝わったはずです!!、日本のタップファミリーを一番に思っているタップダンサーです。




そして、最後はもちろんJimmyの映像を見て、用意していた物は全て終了。

そのスムーズな動きに会場全体の空気が変わりました(改めて見るとやっぱり凄い笑)




b0132139_12132441.jpg




Jimmy基金箱には4600円を皆さんから頂きました、みすみさんに届けてJimmyに関するイベント、お花等に使ってもらえればと思います。

あの場の代表として皆さんにお礼をいいます、本当にありがとうございました!。



最後に。。

「足音」それはタップを広げたい気持ち、身近に感じてほしい気持ち、チャレンジしてほしい気持ち、憧れを越えたい気持ち。


色んな「気持ち」により毎週毎週熱く、ただひたすら熱く、笑い、泣き、悔しく、楽しくやっています。


以前は来場してくれた人達に「踊りたい人はこの名簿に書いて下さい」と言うシステムでやっていましたが、周りからは「踊らないといけないんですよね?」と言われたり、「そんな滅相も無い!まだまだ私のレベルじゃ行けません!」等の意見をよく耳にしました。


私たちはそんなつもりでは無かったのですが。。(笑)


自分が思う事は「踊りたければ踊ればいい」ただそれだけです。

「踊りたくなければ踊らなくてよし!笑」

Jimmyの言葉を引用させてもらうならば、「喜び」 「愛」と言うシンプルな事。

ダンスと言う存在が好きだ!!で良いのです。



見るだけでは。。と、思う人も居ると思いますが、毎週毎週タップダンサーが集まって、一体何を考え、どんなリズムを出しているのか?を見てもらいたいと日々思っています。


タップダンスと言う「門」があるのなら、その「鍵」は皆が持っているはずです。


いつでも開けて入って来てもらえればと思います!!


この日本で、タップダンスを盛り上げましょう!!




b0132139_1239579.jpg


写真は来日した時の公演「SWING MAN」 、タップダンサー洞至が思い出の品、と言う事で持って来てくれました。



来週も熱く、熱く、そして熱くいきます、Dr Jimmy Slyde に感謝!



SUJI TAP
[PR]
# by tap-dancer | 2008-05-23 12:42 | 足音レポート
足音40(アップ遅くなりましてすいません)
40回目の足音も無事に終了しました。

皆さんいつもありがとうございます!


今回は、タップダンサーのりずむKさんが遊びに来てくれて、一緒に踊りました。(楽しかったー!笑)久しぶりだったので緊張しました。。


ギターの渥美幸裕君、サックスのイサム君も相変わらず最高の演奏で会場を湧かせていました。



今日も楽しかったなー。。と、思った次の日、訃報の知らせがありました。



偉大なるタップダンサー「Dr Jimmy Slyde氏」が、5月16日に他界されました。


b0132139_13384053.jpg



全てのダンサーに影響を与えたDr Jimmy Slyde。



なぜかその日「4」と言う文字は縁起悪いから、何も起こらなきゃいいな。。と、一人思いつつ、イベントは無事に終了。


その日、りずむKさんと踊っている時、チャックグリーンのスライド、(大好きなタップマスターで独特なスライドを持っているダンサー)を真似して踊っていて、その後、Jimmyのスライドを真似して踊りました(全然真似出来てないんですが笑)。


普段は何も言わずに頑張って真似して踊るんですが、その日は「チャックグリーン!」、「ジミースライド!」となぜか名前を呼んで踊りました。


ジャムの占めはスティーブコンドース(この人は白人だったが黒人コミュニティで育ち、コンドースブラザーズと言う兄弟コンビで数々の映画に出演、映画「TAP」にももちろん出ていますよー)
のドラムロールの様な音を真似して、その際も「スティーブコンドース!」と、叫びました。


先日映像会で「ABOUT TAP」と言う映像を皆で見た時の3人です。


b0132139_13524567.jpg



写真右がステーブコンドース、中央がジミースライド、左がチャックグリーン。

b0132139_13542389.jpg




次の日に先輩のみすみ"Smilie ゆきこさんからメールを頂き、偉大なるタップダンサーの死を知りました。





彼らの精神を全て分かる事は到底無理かもしれませんが、残された映像、話を聞いて、今後の自分のタップ人生に生かして行きたいと思います。




最高のタップダンサーDr Jimmy Slyde氏を偲んで、来週の5月22日、41回目の足音は追悼イベントにしたいと思います。


来週はピアニストの渡辺泰介さんも来てくれるので、Jimmyにゆかりのある曲等を演奏してもらい、タップを踏みたいと思っています。


俺はARTNで追悼レッスンが行われた際、みすみ”Smilie"ゆきこさんがJimmyワークショップでやった振り付けを教えてもらいました。


後輩のタップダンサー、PORIと二人でその振り付けを踊ります。


そして、Jimmyがラ.カーブと言う場所でタップジャムを週一回開催していた際、「君のタイムステップを見せてくれ!」と、板に上がって来たタップダンサーに言っていたそうです。


「基本をまずしっかり学ばせる事。タイムステップが大切。それを学んでからシムシャムだ。基本を学ばないでルーティンを学んではいけない。ルーティンを学ばずに即興をしてはいけない。」

by JimmySlyde


みすみ”Smilie"ゆきこさんのブログより引用させてもらいました。


おのおのが考えたタイムステップを披露しましょう!!






Jimmyのプロフィール


Jimmyは10歳から親の希望でバイオリンを学んだ。しかし彼の興味は、バイオリン教室の前にあったスタンレー・ブラウンのダンススタジオ。ボストンは劇場が多い街なので、ボードビル全盛期のその頃、タップを目にする機会はたくさんあったそうだ。Jimmyもボージャングル等に憧れた世代。ついに彼は12歳の時タップをスタンレーに学び始める。彼のトレードマークのスライドはエディ・フォードという先生に学んだそうだ。

その後ジミー・ミッチェル(サー・スライド)氏にめぐり合い、更にスライドの技術を学び、2人でスライドブラザーズとして活躍。カウント・ベーシー、デューク・エリントン、ルイ・アームストロングなどのBIG BANDと共演。

70年代はアメリカでの仕事がなくなった時代。彼はヨーロッパに移住。後にパリでのブラック&ブルー公演に出演。その後アメリカに戻り、ブラック&ブルーBroadway公演、映画タップ、映画ラウンド・ミッドナイト、映画コットンクラブなどに出演。またNYのクラブ「ラ・カーブ」でジャムを開き、厳しく若手の育成に貢献した。

日本には1993より4回来日し、公演に出演した。多くの日本人タップンダンサーが、彼の素晴らしさに涙を流した公演だ。それはステップだけでなく、もっともっと深く大切なことを私たちに残してくれた。。。



この文も、みすみ"Smilie"ゆきこさんのホームページより引用させてもらいました。


来週も熱くいきましょう!チャーーーレーーーンジ!!!!!!!!



SUJI TAP
[PR]
# by tap-dancer | 2008-05-18 14:33 | 足音レポート