<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
足音389「同じ板に上がる」
b0132139_10281710.jpg
タップセッション足音もあと残りわずかとなりました。

寂しさもありますが、これからも次世代のタップダンサー達で楽しいイベントが開催されると思います。


プロもアマも同じ板の上に上がる毎週木曜日のタップナイトでは沢山の奇跡を体感する事が出来ました。

プロだろうが何だろうがシビアに良し悪しが判断される事で、「怖くてとても行けません!」とよく言われました(笑)


それはイベントを主宰する自分にももちろん恐怖はありますから(笑)、一生懸命踊る訳なんですね。


「自分はプロです」


と言う人もいますが、まずそんな事は足音内において全く関係無い事です。


それが足音の良い部分です。


プライドを捨ててステージに上がっていくのは誰だって同じですから、自分を試す場所としてかなり強化された場所でもあります。


この足音で学んだ事を繋いでいくのは何よりステップでありリズムです。


即興演奏を学んだ場所として、これからのステージにどんどん活かして行こうと思います。








[PR]
by tap-dancer | 2015-04-30 09:42
足音388「これからの足音」
毎週木曜日開催のタップセッション足音も残すところあと5回となりました。

来月の5月21日がラストとなります。

b0132139_11221496.jpg

以降毎週開催は無くなりますが、足音という場所、そこに集まる皆がもちろん大好きです。

半年に1回、1年に1回…どれくらいかは分かりませんが、タップダンスを愛する人達とイベントを不定期で開催出来たらと思っています。

イベントを終了する理由は様々ありますが、20年間住んだ東京を離れる事が最大の理由です。

今までと変わらずアーティスト活動は東京が中心になると思いますが、生活する場所を変えようと以前から考えていました。

先日第一子も誕生して、家族3人で心機一転次のステップを踏んでいきたいと考えています。

☆2015年 4月19日 (日) 8時37分

第一子誕生しました!

母子共に健康です、感謝!

これから頑張らねばです!

♪女の子で名前は浦上 七歩(うらがみ ななほ)と言います、宜しくお願いします!


まずはともあれラストに向けてしっかり集中していきたいと思います。


引き続き宜しくお願いします!






[PR]
by tap-dancer | 2015-04-21 11:21
足音387「イベント終了のお知らせ」

b0132139_17520042.jpg


今月は足音に行けない事もあり、木曜日は身体がうずうずしております。

毎週のリズムが身体にあるという事なんでしょうね。

時計を見ながら

あ、1部始まったな…

とか

あ、2部が始まったな…

勝手に脳みそが反応してしまいますね笑。

皆さんいつもご来場ありがとうございます!楽しいセッションだったと思います。





そして、今日のブログは残念ながらイベント終了のお知らせです。


来月5月21日(木曜日)をもちまして、2007年から2015年の7年と9ヶ月、ほぼ毎週開催してきたタップセッション足音の幕を降ろします。


私が6月に東京を離れてアーティスト活動を再スタートする事になり、色々考えての決断となりました。


この場を借りてお世話になった皆さんにまずは報告させて頂きます。





[PR]
by tap-dancer | 2015-04-14 17:51
足音386「めちゃめちゃ楽しいタップダンス」
先週は桜も咲いてタップセッション足音も盛り上がったと思います。

残念ながら自分今月は足音をお休みしなければなりませんが、ステージでチャレンジしているタップダンサーの皆さんを頭に浮かべながらこのブログを書いています。

7年間即興演奏とは何ぞや、リズムとは、ステップとは、音楽とは何ぞやという事を参加者全員で模索しながら開催してきましたが、タップダンスの奥深さは計り知れません。

正解も不正解も無いようであるような…


自分なりの解釈でステップとリズムを重ねて来ましたが、これからタップダンスを発信していく上で1番大事なのは本物か偽物かを問いただす事ではありません。


タップダンスは楽しい、難しいけどめちゃめちゃ楽しいタップダンス

自分が踊る事で伝えていけたら本望です。


b0132139_17031812.jpg







[PR]
by tap-dancer | 2015-04-09 16:45
足音385「回を重ねてきました」
先週は足音に参加出来ませんでしたが、恐らくまた素晴らしいセッションだったのではと思います。

イベントスタート当初は来週どうなるのか、続けていけるのか、人は来るんだろうか?と悩み。

1回、2回、3回と終わる度に肩を撫でおろしていたのを思い出します。


今では皆さんの応援のおかげでイベントも7年の月日が経ちました。


2007年から現在に至るまで、本当に沢山の方に支えられているんだと実感するばかりです。



何でもそうですがタップダンスの世界も奥深く、私達日本人が海外の文化を学びながら開催していく事も探り探りで、ある時はアメリカのタップダンサーに怒鳴られて怒られたり、嫌な気持ちにさせて返してしまった事もありました。


色々思い返すと分からないながらに、少しずつ進んできたんだと感慨深くなります。











[PR]
by tap-dancer | 2015-04-02 15:58