<   2013年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
足音304「来月で6年!」
今週も足音セッション無事終了!回を重ねる度に一回一回をより大事に感じてしまう今日この頃ですが、皆さんの応援のおかげで何といよいよこのイベントも来月で6年です。

e0169460_1185867.jpg


会場のアンスが出来てからこのイベントもスタートしましたからアンスも6才です。


どこを取っても成し得ないこの謎イベント足音、人間の繋がりだけで成立していると言っても過言ではありませんから、ここで出来ている輪を大事にしながらこれからも頑張っていきたいです!



e0169460_1192489.jpg


海外の文化を自分たち(日本人)なりにアレンジしていく事は時として難しいと感じる時がありますが、テクニックの部分だけでなく、輪を大事にする事に関しては国境も何も無いかな?と思っています。


自分たちが今まで作ってきた輪をこれからもっともっと広げれたらいいな〜。。


そうすれば見た事無い人達もタップダンスに触れる事が出来るし!、それは今もこれからも私達の課題ですね。



さて。。。下記は8月1日のスケジュールです。


8月1日(木)通常より1時間早くオープンします(19時オープン)


1部セッションは20時〜21時

2部セッションは21時45分〜23時くらいまで

*状況見ながら進行します。



オープンは早いけどいつも通り24時までやります、この日はセッションもゆっくり時間取ってやりたいので普段より早めオープン。

*酒もゆっくり呑みたいし!(笑)


そしていつもお世話になっていますベースメントさん、先日10周年を迎えたという事で22時30分頃(予定です)に皆で祝いたいと思います。


お時間ある方、タップダンスに興味ある方は是非お待ちしてますね!





それでは皆さん引き続きよろしくお願いします!




浦上雄次




タップセッション足音
http://www.ance.jp/ashioto2011
[PR]
by tap-dancer | 2013-07-27 11:45 | 足音レポート
足音303「シカゴから来た若きタップダンサー」
e0169460_0523721.jpg

またもや先週の話になってしまいましたが、シカゴから素敵な二人が来日、足音にも遊びに来てくれましたよ〜

e0169460_0525895.jpg

おみやげも沢山もらいました、いつも皆さんありがとうございます!



e0169460_0531570.jpg

「リー ハワード」

彼のダンスはYou Tubeで以前からチェックしていました。

去年シカゴに行った時は観れなかったので観れて良かったです!


若いのにどっしりした動きとステップで魅せます。





e0169460_0533416.jpg

「ニコ ルビオ」


もちろん彼もチェック済みです。

音もきれいで、シカゴのストリートパフォーマンス等で培ったセンスもプラスしてさすがのパフォーマンスでした!



彼らはアメリカタップ界でももちろん注目を浴びています。


日本の若手タッパーも観れたら良かったのに!!・・・・と思いましたが、あんまり居なかったかな(笑)


とにかくレベルは高いしセンスが良い、それだけは確実に言える事ですね。



日本の若手タッパーはこういう時に彼らとセッションしたらいいじゃん!って個人的には思うんですが、最後はなぜか俺がサークルで彼らと一緒に踊ってました(笑)



楽しかったです、人種や世代は違えど、通じるものがありますね!




それではまた今週よろしくお願いします!





浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-07-22 01:18 | 足音レポート
足音302「大阪タップ!」
もはや先週になってしまいましたが、東京と大阪で足音を開催。

*足音302は東京に居れなかったので今回は大阪で開催した足音レポート&関西ワークショップツアーのレポートです。


e0169460_9202493.jpg


ワークショップツアーで大阪と岡山を怒濤のスケジュールで回りましたが、その初日が足音タップセッションでした。

大阪のタップダンサー、タップ好きの方、沢山の方が来てくれました、皆さんありがとうございました!

(J-CLICK吉野さんタップ板ありがとうございました!)




唐突ですが「タップ界」という言葉はあんまり良くとられない事が多いんです。


その業界の中だけで盛り上がっていてもダメで、その世界から飛び出して活動する事がベスト、という意見が多いんです。


もちろんその通りです、そうでなければ広がりがありませんから、ダンススタジオ内や内々で成就する事以外の挑戦はしなければなりません。


しかしその反面、私はこのタップ界というのがとても面白いと思う時があります。


垣根を取っ払って踊る瞬間、そこにあるそれぞれの個性や挑戦を見る時、私はタップダンサーで良かったな〜。。としみじみ思うのです。


プロもアマチュアも皆同じ板の上で踊り、うまいへた関係なくやっちゃいましょうよ!。。よくよく考えたら足音はめちゃめちゃなイベントだと思います。。(笑)


東京ではそろそろ6年、大阪では3回目の開催でしたが、タップ界の皆さんに協力してもらわなければ続きません。


それを考えれば、日本全国タップダンサーの皆さんと一致団結して盛り上げていく事って本当に重要だと感じます。


大阪で出会ったタップダンサーは皆個性のある楽しいやつらばかり!東京の色と大阪の色はやっぱり違うな〜〜と思いながら勉強勉強!


こうやって私はタップ界の皆さんからパワーをもらって頑張れるのです。


また大阪で足音を開催出来るように自分も頑張りますので、その時はよろしくお願いしますね!


皆さんおつかれさまでした!ナイスタップ!




ワークショップは本当に「怒濤」という言葉にふさわしい怒濤っぷりでした(笑)

今回は色んなテーマを決めて行いましたが、これまためちゃめちゃ勉強になりました。


体力はほぼ限界まで達しても、タップシューズ履いたらスイッチオン。


全クラスパワー全開でやらせて頂きました。


e0169460_101261.jpg


色んな出会いがあり、再会があり。


e0169460_1013279.jpg


このツアーでしか成し得なかった事ばかり。




関西の皆さん本当にお世話になりました、楽しい時間をありがとう。



関西ツアーマネージャーのみさりん、今年もおつかれさまでした!



さて、これから東京に戻ってOne Summer's Dayのリハーサルです。



がんばるぞー!






浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-07-16 10:07 | 足音レポート
足音301「タップダンスの良いところ」
e0169460_3492777.jpg


301回目の足音も皆さんのおかげで無事に終了しました、いつも応援ありがとうございます!

さて・・・タイトルにもなってます「タップダンスの良いところって何ですか?」と聞かれたら、俺は何て答えようかな?と、ふと思ってしまいました。


このイベントでは即興で踊る事によって生まれるリズムや流れが主なポイントになっていますが、もちろんそれだけがタップの良いところではありません。


e0169460_350787.jpg


音はタップダンスを踊る上でとても大事です、音が出せる事でどこか説得力もある。。

基礎段階を少しずつクリアすれば自由にリズムも創っていけますから、「音を出せるダンス」としては楽しいと思います。



e0169460_3502920.jpg


難点は「難しい」。。

いや〜こんな事言ったら皆さんに「始める人が減るじゃないですか!」と言われるかもしれませんが。


「難しいからこそやりがいがある」


さっき書いた「基礎段階」ってやつがかなり大変なんですねタップは。


しかし、この壁を乗り越えようと努力する自分、そして光が一瞬見えた時のあの感動はタップダンスをやった人、タップシューズを履いてせっせとレッスンに通う人に与えられる最高の瞬間です。


て事でまとめます。


(Q)タップダンスの良いところは何ですか?

(A)努力をしていけば音が出せるんだが、かっこばかりつけてもどうにもならないので自分の素が見れる。

タップダンスが出すリズムには色んな背景が見えて、その人の心が見える様な時もある。

人間味あるダンスとしての良さをタップには感じますね〜





でもこれって、全ての事に当てはまる事なんですよね。


う〜ん。。一言でまとめるならば。。。。。


「楽しいところです」(笑)




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-07-07 03:55 | 足音レポート