「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:足音徒然( 4 )
ダンサーズプレミアム@ビルボードライブ東京

6月5日(木)六本木ビルボードライブ東京で開催されたダンサーズプレミアム。

皆さんの協力、応援を頂きまして無事2公演終了しました!


関係各位の皆さん、応援スタッフ、出演者の皆さん、平日忙しい中来場してくれた皆さん。

ありがとうございました!


今回話しを頂いた杉澤兄弟にも感謝!最初から最後まで色々お世話になりました!


e0169460_1265895.jpg


楽しい音楽、楽しいパフォーマンスを目指して!これからもよろしくお願いします〜!

EJOEありがとう!





私達は毎週木曜日にタップセッション足音というイベントを代々木アンスにて開催しています。

そこでは毎週毎週タップダンサーが自分の表現を挑戦する場所であり、素晴らしい音楽とリズム、タップに対する愛を感じています。

このイベントを7年間やってきて思う事は、「和」「輪」「話」という基本的な事ばかりです。

一人の力で出来る様な事は何一つありません、足音の様な小さなイベントでさえ、沢山の方が応援、協力してくれるからこそ出来ていると思います。




足音開催の木曜日と重なったのでイベントはお休みさせてもらいましたが、ビルボードで使用したタップ板は足音でいつも使っている物でした。

e0169460_1255537.jpg



この板は国内外のタップダンサー達が想いを込めて踏んでいる板であり、ベースメントさんが私達タップダンサーに贈ってくれたスペシャルな物です。

会場で出ていた足音が皆さんの心と一緒に響いていればこれ幸いです。


今後もタップダンスの可能性を模索しながら日々精進します。



ありがとうございました!




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2014-06-07 12:10 | 足音徒然
東日本大震災チャリティーライブ 「タップダンスが出来ること」
明日はいよいよ東日本大震災チャリティーライブです。

「タップダンスが出来ること」

このテーマを掲げて足音が主催する第一回目のチャリティーライブ。


今回参加してくれた皆さん、賛同、協力して頂いた皆さんに心から感謝します。

まだ終わってないけど、皆さんの力が無ければ今回のライブを開催する事は不可能でした、本当にありがとうございます。


来年、再来年、被災地の状況がもっともっと改善していくまで、タップダンスで何ができるかを私達なりに模索していきながらこの活動は続けていきますので、今後も何卒ご協力の程よろしくお願い致します。



去年の3月に起きた震災は私達日本人に色んなテーマを叩き付けました


「がんばろう日本」


でも俺は何を頑張ればいいのかな?。。。と、被災地に足を運ぶ事もなく、只々気持ちばかりが揺れ動いていました。


様々な問題に対して俺は何も出来ないかも。。と思った時もありましたが、現時点でも活動を続けているボランティア団体、被災地を支援し続けている人達の事を考えると、私達の様なダンサーやアーティストにも出来ることは必ずあると思わざるをえません。

とにかく、何も出来ないという考えは捨てました、むしろこれからだと思っています。



この企画を通じて私自身、そして、私達自身が小さな意識でもいいので、去年起きた震災の凄まじさ、傷ついた人間の心、未だ解決されていない放射能の問題にも取り組んでいければと思います。



明日は皆で楽しいパフォーマンスが出来る様に、参加者、スタッフ一同全力で頑張ります。



それでは明日よろしくお願いします!




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-10-19 17:40 | 足音徒然
新年あけましておめでとうございます
いつもこのブログを読んでくれている皆さん、あけましておめでとうございます。

2009年も変わらず走り続けたいと思います、応援よろしくお願いします。



ペンサコーラタップジャムX足音のカウントダウンタップパーティーは楽しかったー(笑)
やっぱりタップで1年のスタートが出来るのって最高ですね(予想通り飲み過ぎましたが笑)


2月にはペンサコーラタップジャムの5周年記念イベントが赤坂のBフラットにて行われる様で、もちろん我らが足音も完全バックアップで盛り上げたいと思っています。


リズムタッパーには是非来てもらいたいイベントです。


タップジャムを5年間も続けてきた人達に、リズムタッパーとして皆でリスペクとしたいと思います。


詳細分かり次第アップします、よろしくお願いします。




そして、今年は長らくお待ちかねのSUJI TAP HP が出来ます。


去年は色んなライブ情報が中々行き届かずにこのブログで何とかやってきましたが、念願のHPが出来るって事でわくわくしています。

タップに関する事、タップ以外の事、色んな情報を載せて行きたいと思っています。


完成は2月を予定しています(もっとかかったらごめんなさい笑)


お楽しみに!!



そしてそして、去年は自身のソロ公演「Simply full of Tap 」をホールにて3月と12月に行いました。

2009年はライブハウスに戻り、タップダンスと0から向き合って活動して行こうと考えています。


こちらもお楽しみに!!




それでは皆さん、今年もよろしくお願いします!!


SUJI TAP






2009 SUJITAP  WORKSHOP@高田馬場モダミカ アネックス

 
日程 : 2008年1月25日(日)
時間 : ①17:30 〜 19:00  初級クラス
     ②19:30 〜 21:00  中級・上級者クラス

講師 : SUJI TAP

レッスン料 :  各クラス¥3000-

場所 : 高田馬場 モダミカ アネックス 
住所 : 豊島区高田3-6-15
TEL : 03-3983-5921

お申し込み・お問合わせ : yujiuragami@yahoo.co.jpまで。
メールのタイトルは「1/25SUJI WS」、メール本文にお名前(フルネームで)、ご連絡先のお電話番号 、ご希望のクラス を明記の上、お申し込みお願いいたします。

タップシューズの貸し出しは行っておりません。タップシューズをお持ちで無い方は、室内履き用のスニーカーをご持参ください。
[PR]
by tap-dancer | 2009-01-01 16:11 | 足音徒然
Basement 藤井さんに「足音」についてコメントしてもらいました。ありがとうございます!
Basement ( http://www.basement-tokyo.com/)東中野駅から徒歩1分の所にある、タップシューズ専門店、スタジオもあります。


b0132139_1534028.jpg


写真右が藤井さん、中央が店員のあいちゃん(彼女もタップダンサーです!)



タップダンスをやっている人、タップシューズを買った人、フラメンコをやられている方は知らない人は居ないでしょう(笑)


その店のオーナー藤井さんに、足音についてコメントしてもらいました。



どうぞ!




(SUJI )以下S、 え〜藤井さんこんにちは。

(藤井さん)以下F、 こんにちは、はははー(笑)


(S) えー、いつもお世話になっている藤井さんなんですが、週一回行われている我らが「足音」について、週一回と言う事に対してどう思っているかを聞かせて下さい。



(F)  えーそうですね、凄い素晴らしい事だと思いますし、場所を提供しているANCEさん、そしてお客さんが少なくても(笑)ずーっと続けているタップダンサーの人は本当に偉いと思います。


(S) なるほど、では今のタップ界に対して、藤井さんはタップダンサーではありませんが、同じ職人として聞きたいのですが、どういう目線でこの世界を見ていますか?


(F) うーんそうですね。。僕が10年くらい前からタップシューズを販売していた頃から比べると、凄く良い流れになっていると思んですよ。

でも、僕はいつもタップダンサーが一番偉い!と思っているんですね、そしてタップダンサーの次に僕たちが居てお客さんが居る様な、常にそのピラミッド形の状態をBasementの方針としてやっています。


また、その業界と言うのは、常にそのピラミッド形を意識していかないといけないんじゃないかと。。ちょっと難しい話になりますけど。。(笑)


(S) なるほど!、では10年後にはこのタップ業界はどうなっていると思いますか?


(F) 10年後!?(笑)

(S) ちなみに僕は42になっちやいますね。。藤井さんは?

(F) えーーっと、55ですかね。

(S) おーー、お互いいい大人ですね(笑)

(F)ですね(笑)、そうですね、今は新しく奨学生制度なんかも少しづつ始まったじゃないですか、ああいうのももっともっと活発化していって、日米の交流ももっと多くなって、向こうももちろん若い人達で凄いタップダンさーがたくさん出てくると思うんですけど、負けじと日本も出てくると思うんですよ。


それがMADE IN JAPANの人で、そういう素晴らしい人が出てくると信じてますし、Basementとすると、日米の境、国境を越えて自分達が作ったシューズを選んでくれたら嬉しいですね。


(S)なるほどー。。これは足音の話では無いんですが、靴のクオリティーを高めていく上で、日本人の繊細な部分と言うのは何か意識していますか?



b0132139_1561932.jpg


Kapezio K360 by Basement



(F)うーーん、そうですね、いつも自分の頭の中にはこういう靴じゃないといけない、と言う思いはあるんですよ。

でも、それは柔軟性を持って色んなタップダンサーの意見を聞きながら、時には意見交換をしたり、ある時は食い違っていて言い合いになったりもするんですよ(笑)

でも、そうしながらその人にとって良い靴になればそれでいいんじゃないかと思います、そういったやりとりの中で、0.5ミリとか1ミリという単位で調整出来るのが日本人ならではと思います。


(S)いつもお世話になってます!


一同拍手(パチパチパチ)ちなみにこの日たまたまタップダンサーのKurikoちゃん、Yoshikoちゃんもお店に居て、このコメントをしみじみ聞いていました(笑)

b0132139_2121897.jpg


(S) では、最後に頑張ってるタップダンサーに一言いただけますか。


(F)えーっとそうですね、僕なんかがこの業界でスポンサーとしてサポートしたり、この業界でやっているのもタップダンサーの皆さんが頑張ってる御陰なんですよね。


そして、皆さんがタップマスターのステップを大事にしたり、尊敬している様に、僕もいつもボージャングルの靴を大事にしながら靴を作っています、そういう大事にしている部分って言うのは皆同じだと思うんで、これからも一致団結して皆で頑張れればと思います。

どんどん外に向けて発信して行きましょう!


(S)藤井さん今日は忙しい中ありがとうございました!

(F)ありがとうございました。




と言う事で、忙しい中対応していただきありがとうございました!

今現在「足音」で使用している板は、去年の暮れスタジオの板を張り替えた際に、よければどうぞ、と、快く譲っていただいた物を毎週使っています。


色んな人達の協力により成り立っている事を皆で感じながら踊れれば最高ですね!



そんな足音の来週のテーマは。。。。



うーん、未だ決まってない!(笑)



SUJI TAP
[PR]
by tap-dancer | 2008-05-12 02:05 | 足音徒然