「ほっ」と。キャンペーン
TAPDANCERIZE レポート
11月2日は伊豆長岡で「下駄ダンスコンテスト」、11月4日は「TAPDANCERIZE」、11月7日は 三重県四日市市にて「REVO TRAP」の公演でした。

中々ハードな1週間でしたが、全てのイベントに色んな表情があり、勉強になりました。



タップダンスに色んな事を教えられて32才、先輩や後輩との付き合いも多く、それだけで俺は恵まれてるな、と思います(笑)。


11月4日に行われたTAPDANCERIZE。。


輪を作って行く事、それを広げて行く大変さ、そこで生まれる葛藤とも付き合いながら進み続ける気合い(笑)。


そう、物事を進めて行くには「絶対的に揺るがない気合い」が必要だと思います。


今回協力してくれた先輩、同世代、後輩のタップダンサー全員に心から感謝し、主催してくれたBasement、ジェイソンのワークショップとイベントをダブルでやってくれた、みすみ”Smilie”ゆきこさん、デリックを呼んでくれた後輩のタップダンサーTAKA、5年前からタップイベントでお世話になっている高井戸倶楽部さん。


そして来場してくれたタップダンスを愛する皆さん、本当にありがとうございました。


なぜ揺るがない気合いを持つべき必要があるのか?ですが。



自分はタップダンスにいつも助けられているからです。


この素晴らしいダンスに恩返ししたいと常に思っています、それはもっともっと沢山の人達に知ってもらう事だったり、「これいいでしょ?」と皆に言いたいんです。


なので、気合いを入れて頑張ります。(笑)



皆でやれば必ず広がって行くと思います、関係者各位の皆さん、本当にお疲れ様でしたー!!




SUJI TAP
[PR]
by tap-dancer | 2008-11-09 18:35 | SUJI(2008.6-2009.2)
<< 足音65レポート 「ミニタップリライブレポート」 >>