足音311「いよいよ2013年の秋到来です」
昨日はDDDの公演「SEKAI」終了後に青山から代々木アンスへ。。

外はだいぶ涼しかったんですが、会場内は熱気ムンムンでバッチリ皆さん踊ってました〜

e0169460_15472748.jpg


とにかく毎週毎週、どうにかこうにか続いていますタップセッション足音。

自由にタップを踊るというのは中々難しいところもありますが、何はともあれ百聞は一見に如かず、皆さん是非一度観に来てくださいね〜、生タップとミュージシャンによる生演奏を是非体感してください。


e0169460_15501144.jpg



昨日はイベントの最後にスタッフと話しましたが、自分たちのルールで動くというより、まずは基本的な事を皆でもう一度見直そうという話しをしました。

このイベントを始めた時の熱さを忘れずやっていきたいといつも思っていますが、長くやっているとその場所がある意味や本来持つべき姿勢を忘れる時もあるんです。

なぜ続けていくのか、続ける意味は何だろうか?と、自分に問いかける事が多くなるんですが

何はともあれ一生懸命踊って楽しむ事が重要ですから、私達スタッフ間でもそういう部分を無くさない様な環境作りが必要だな〜と感じています。



今週もお疲れ様でした!



浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-09-27 17:32 | 足音レポート
<< 足音312「百聞は一見に如かず」 足音vol310 >>