足音315「生演奏」
先週の足音はキーボード、ギター、サックス、パーカッションといった編成で進行しました。

普段はキーボードとパーカッションだけですから、こうやって色んな楽器が揃うと色彩豊かになります。

よく考えたら生演奏が聞けるってのも贅沢ですね、「タップダンサーXミュージシャン」こういう絵って昔から憧れてましたから、本当目の前で繰り広げられるセッション見てると嬉しいです!

e0169460_14482727.jpg


若手のタップダンサーからベテランタッパーまでが見れる、本当にこのイベントには毎週勉強させられています。

e0169460_14484047.jpg


音色の違い、感性の違い、世代によってもちろん違います。

10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代。。。

それでも、タップダンスが大好きだ!!という軸は皆同じなんですね。


e0169460_14485725.jpg


そういう部分をバシバシ感じれるのがこの足音の良いところ、今週も楽しみです。



e0169460_14491246.jpg


さて、今年も気付けば11月。。。何だかんだとバタバタしている間に2013年も過ぎ去っていきそうです。



私の近況は6月から始まった激動のスケジュールが何とか一段落。。


年内はクリスマス(12月25日(水))に開催する「In Search of "JAZZ"」で締めます。

*詳細お待ちくださいね



最近デスクワークが増えてますから。。。。タップダンスの練習練習!!笑




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-11-04 15:12 | 足音レポート
<< 足音316「ニューヨークから札... 足音314「世代」 >>