足音337「7周年に向けて」
337回目のタップセッション足音も皆さんのおかげで無事終了!

毎回色んな足音が聞けて勉強になります。


熱いタップ! お疲れ様でした!


ソロで自由に踊る事の難しさ、ミュージシャンと呼吸合わせながらセッションしていく楽しさを毎週感じています。



「これ毎週やってるんですか?」と聞かれる事多いんですが。。


そうなんです、毎週タップ好きが集まって7年。。


踊るダンサーがバトンを渡しながら、皆でイベントを創り上げています。




。。。そうです、今年の8月でイベント発足から7年になります。


7年前にブラジルはバイーアという土地で出会ったカポエラに影響を受けたのがきっかけでした。

毎週集まってサークルを作り切磋琢磨している、その姿勢には伝統を継承している熱い魂を感じました。



あれから何も分からず手探りでやってきて7年…早いもんだな〜と感じていますが、ただでさえ一般的にはあまり馴染みのないタップダンスにも関わらず、サポーターの皆さんのおかげでマニアックなイベントを続ける事が出来ています。



今日は自分が書いた以前のブログを読んでいましたが。。。まあ色々あったんだな〜と(笑)

e0169460_1763287.jpg


写真の彼(現足音スタッフ阿部君)はバク転に失敗して後頭部から突っ込んだり(これは突っ込む直前)



まあそんなこんなを乗り越えてイベントが続いてる事は本当に凄いなと思う今日この頃です。




2014年春、東京は桜も散りましたね。



また新たなスタートを切る準備をせねば



来週もよろしくお願いします!




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2014-04-11 13:49 | 足音レポート
<< 足音338「2週間前」 足音336「色んな交流の場」 >>