足音303「シカゴから来た若きタップダンサー」
e0169460_0523721.jpg

またもや先週の話になってしまいましたが、シカゴから素敵な二人が来日、足音にも遊びに来てくれましたよ〜

e0169460_0525895.jpg

おみやげも沢山もらいました、いつも皆さんありがとうございます!



e0169460_0531570.jpg

「リー ハワード」

彼のダンスはYou Tubeで以前からチェックしていました。

去年シカゴに行った時は観れなかったので観れて良かったです!


若いのにどっしりした動きとステップで魅せます。





e0169460_0533416.jpg

「ニコ ルビオ」


もちろん彼もチェック済みです。

音もきれいで、シカゴのストリートパフォーマンス等で培ったセンスもプラスしてさすがのパフォーマンスでした!



彼らはアメリカタップ界でももちろん注目を浴びています。


日本の若手タッパーも観れたら良かったのに!!・・・・と思いましたが、あんまり居なかったかな(笑)


とにかくレベルは高いしセンスが良い、それだけは確実に言える事ですね。



日本の若手タッパーはこういう時に彼らとセッションしたらいいじゃん!って個人的には思うんですが、最後はなぜか俺がサークルで彼らと一緒に踊ってました(笑)



楽しかったです、人種や世代は違えど、通じるものがありますね!




それではまた今週よろしくお願いします!





浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-07-22 01:18 | 足音レポート
<< 足音304「来月で6年!」 足音302「大阪タップ!」 >>