足音284「東日本大震災から2年」
日本では過去最大の地震



残念ながら、今回の地震による犠牲者の数は想像を絶すると思います。



東京もまだまだ余震は続いています



出来る限り慌てず、迅速に対応して行けるように皆で頑張りましょう!






上記は震災が起きた次の日に書いたブログの内容でした。


「想像を絶する以上の出来事」となり、この震災に関する死者、行方不明者は2万人を超えました。




2年前、代々木の街も静かでした、原発事故があった直後なんて誰も歩いてませんでした。


アンスに入った時は不安でした、また地震が来たらどうしようか?会場に居る皆を落ち着かせてしっかり誘導出来るだろうか?


イベントを主宰する人間として、あれだけ責任を感じたのは初めてでした。



タップダンサーは会場に来ていつも通りタップを踊っていました、これは今でも忘れません。


あれが無かったら、皆の気合いが無かったら、もしかしたら足音は終わってたかもしれません。


会場で皆の笑顔を見た時、このイベントが持っている力を感じずにはいられませんでした。




震災前も震災後も、足音という現場を通じて学ぶ事は沢山あります。



「踊れる場所がある、皆が集まれる場所がある」



単純で当たり前の様に聞こえるこの言葉ですが、一生大事にしていきたいと思うばかりです。




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2013-03-09 11:07 | 足音レポート
<< 足音285「次世代」 足音283「報告」 >>