足音268 「語る」
11月10日〜14日までは東京に居ません、また寅さん状態です(笑)

伊豆で開催された下駄ダンスコンテストの出演と、現在制作しているDVD撮影の為、岡山に行きます。


最近購入したマックブックエアーはバッチリ持って来たんですが。。写真をパソコンに取り込む物を忘れてしまいました・・

なので。。。


今回の足音ブログは写真抜きで熱く語ってみようと思います。


*下駄ダンスコンテストのレポートはまた後日アップしますね!
→http://sujitap.exblog.jp/19209613





今年で5年目を迎えた足音、毎週毎週回を重ねて268回目のタップナイトも無事終了しました。


先日、以前書いていたブログを読み返していましたが、まあ何とも歴史を感じるというか何というか(笑)

5年の月日は光のように過ぎ去っていきましたが、継続の力は単にスキルアップをする事だけでなく、内面も強くしている気がしています。


踊りたい時もそうでない時も、毎週やって来るイベントに向かっていく事で色々考える事が多くなる。


何を目的としてこのイベントを開催しているのか?

今後どうなっていくのかな?


等々。。この足音を通じて、自分自身と向き合う事がよくあります。


足音のテーマは沢山ありますが。。


「プロもアマチュアも同じ板の上に上がって踊る」


プロ、アマチュア、双方にとってこの言葉の持つ意味はかなり重いのかもしれませんが、個々のプライドや立場、全てを取っ払ってタップダンスを盛り上げていきましょう!。。というのがスタート時から今日まで変わらず思っている事です。


リュックからザッと取り出したタップシューズを履いて。。


「よっしゃ!一丁踊るか」


。。。これこれ。。これがかっこいいんです(笑)



あ、すいません、独り言になってしまいましたが、今の時代こういうざっくばらんな感覚が大事なんです。


何でも用意して完璧にするのも大事なんですが、そういう感覚、ダンスだけでは無く、色んな事に対して絶対必要だと思ってます。





。。。もっと熱く語りたいんですが新幹線が目的地に到着しそうなのでまた語りたいと思います。



そんな矢先に次回の足音は欠席となりますが(休むんかい)


足音269も熱くよろしくお願い致します!





浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-11-11 21:29 | 足音レポート
<< 足音269「池田慎の足音日記」 足音267「はじめの一歩」 >>