東日本大震災チャリティーライブ 「タップダンスが出来ること」
明日はいよいよ東日本大震災チャリティーライブです。

「タップダンスが出来ること」

このテーマを掲げて足音が主催する第一回目のチャリティーライブ。


今回参加してくれた皆さん、賛同、協力して頂いた皆さんに心から感謝します。

まだ終わってないけど、皆さんの力が無ければ今回のライブを開催する事は不可能でした、本当にありがとうございます。


来年、再来年、被災地の状況がもっともっと改善していくまで、タップダンスで何ができるかを私達なりに模索していきながらこの活動は続けていきますので、今後も何卒ご協力の程よろしくお願い致します。



去年の3月に起きた震災は私達日本人に色んなテーマを叩き付けました


「がんばろう日本」


でも俺は何を頑張ればいいのかな?。。。と、被災地に足を運ぶ事もなく、只々気持ちばかりが揺れ動いていました。


様々な問題に対して俺は何も出来ないかも。。と思った時もありましたが、現時点でも活動を続けているボランティア団体、被災地を支援し続けている人達の事を考えると、私達の様なダンサーやアーティストにも出来ることは必ずあると思わざるをえません。

とにかく、何も出来ないという考えは捨てました、むしろこれからだと思っています。



この企画を通じて私自身、そして、私達自身が小さな意識でもいいので、去年起きた震災の凄まじさ、傷ついた人間の心、未だ解決されていない放射能の問題にも取り組んでいければと思います。



明日は皆で楽しいパフォーマンスが出来る様に、参加者、スタッフ一同全力で頑張ります。



それでは明日よろしくお願いします!




浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-10-19 17:40 | 足音徒然
<< 東日本大震災復興プロジェクト ... 足音264「人間味」 >>