足音264「人間味」
264回目の足音も皆さんのおかげで盛り上がりました!

「毎週タップイベントやるぜ」。。って最初に考えた5年前は無鉄砲にも程があるんですが、本当毎週毎週やってるな〜。。と、今では他人事の様に思う時がありますね(笑)

毎週来て踊ってくれる人、久しぶりに来て踊ってくれる人、観るだけの人。

色んな目的を持ってアンスに足を運んでくれる事は嬉しいですね。


e0169460_1452956.jpg


最初に考えていた足音のイメージはタップダンサー達が熱く表現していく場所作りでしたが、もう一つ違う感覚として、「皆が集まれる場所」という考えも出てきました。

去年の震災以降、仲間で現場を守っていく事の大事さを学んでいますが

こういう文化や習慣を大事にする感覚、通常から意識を持って踊っていく事の大事さ等々。。。

凄いタップを踊るとか、上手に踊るとか、そんな事よりももっと大切な事に気付かされています。


*タップダンサーだったら自分でリズムを創って発信していくのは当たり前、もちろんその考えはスタート当初から何も変わりませんよ(笑)


e0169460_14523698.jpg


自分も色んな現場で踊りますが、木曜日はホームに帰り基本に戻る。

ダンスの楽しさ、笑顔でいることの大事さ、そんな当たり前の事すらバタバタしてたらすっかり忘れてるじゃないですか(笑)



e0169460_1453652.jpg


1位2位といった順番や、テストの点数が良ければ良いという感覚はこの場所にありません。


「人間味溢れるダンス」


ダンスはそこがけっこう大事だと思ってます。



浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-10-14 15:33 | 足音レポート
<< 東日本大震災チャリティーライブ... 足音263 「大雨の中ありがと... >>