足音241  「舞台人」
e0169460_1157641.jpg

毎年ゴールデンウィークに開催される東京インターナショナルタップフェスティバルに参加する人達と熱いタップナイトを過ごしました、おかげさまで241回目の足音はとても賑やかでしたよ〜
e0169460_11572910.jpg

この日は台北や香港からタップダンサーが遊びに来てくれてたんで嬉しかった〜。
e0169460_11581193.jpg

国は違ってもタップは一つ、皆やっぱり好きなんだね〜。
e0169460_11591883.jpg

DANCE WORKS (台北)のレックスも足音初参加、「毎週これをやってるのは凄いね!」。。と、言われたんで、「いや、今日は特別人が多いだけだよ」、と言ったら大笑いしてました(笑)
e0169460_11592960.jpg

同じくDANCE WORKSからリコ(写真左)、彼とは去年の香港タップフェスティバルで一緒に踊りました。
ケン(香港)、リコ(台北)、俺(日本)。。あれは国際交流的なセッションで良かった〜。
(写真右は台北のタップダンサー、カンカン)

e0169460_1203057.jpg

さて!今回のタイトル「舞台人」

何と中野ブラザーズの中野章三先生(写真左)も足音に来てくれました!!!! こじまさんと二人で最高のダンスを踊って頂いて会場は大拍手に包まれました。

TRBタップダンススタジオにて行われたスペシャルワークショップで東京に来られていた先生ですが、お忙しい中ありがとうございました!

e0169460_1205484.jpg

「舞台人とダンサーの違い」、先生を見てたらふとそんな事を考えてました。

以前中野ブラザーズ60周年公演に出演させて頂いた事がありましたが、本番の舞台から降りても二人にはスポットライトが当たっている様に感じました。

やはりスターは違う!。。。と思っていましたが、そういう人程気さくで、ざっくばらんだったりするんですよね。

ステップの速さや技の凄さもタップの見せ所なんですが、やっぱりエンターテイメントが俺は大好きなんです。

動きでは無く。。感情がそこに見える事で引き込まれていくあの感じ。。

舞台で生き抜いてきた人のパフォーマンスは本当に勉強になります。




しかし。。。

最後のサークルでもめちゃめちゃ踊ってましたよ先生は!!

そういう姿を見て後輩は頑張るんです、俺らも負けてられんぞ!!!!!!!(笑)

章三先生、こじまさん、本当にありがとうございました。


「ダンスが好きなら理屈じゃない」


パッション全開で来週もよろしくです!



浦上雄次




中野章三先生の公演あります!  必見です!


「Starry Night」

PIANO & Tap Dance LIVE  @ティアラこうとう(江東公会堂 小ホール)

チケット料金4000円 (全席自由)

5/31(木)  18時オープン 19時スタート

中野章三(TAP DANCE) 立花洋一(PIANO)


チケット予約事務局 092-215-3057   090-9604-8163

tachibana.concert@gmail.com
[PR]
by tap-dancer | 2012-05-05 13:10 | 足音レポート
<< 足音242 「いつもの感じ」 足音240 「日本」 >>