足音237 「春」
e0169460_22503882.jpg

桜もそろそろ満開になりつつありますが、決まってこの季節はまだまだ寒い。。。何でしょうか、心のどこかで早く春が来てほしいと願っているんでしょうね(笑)

e0169460_22512060.jpg

今週は人も少なかったのでゆっくりと進行していった足音、セッションも終盤となり私が提案したのが。。

「男だけでがんばってみよう」 でした(なぜ?笑)

e0169460_22514260.jpg

いやいや。。一応言っておきますが俺らもがんばってない訳じゃないんですよ。。まあ最近は「草食男子」なんていうおかしな言葉もあるじゃないですか。。。

まあ草食でも肉食でもどっちでもいいんですが。。「男らしいタップ」、「男くさいタップ」、これを目指して会場に居た男子全員一致団結してがんばりました(結果はご想像にお任せします笑)


e0169460_22515625.jpg

1年前の今頃は節電の影響で街から明かりが消え、「電気が無ければ東京もこんなに暗いんだ。。」と、上京して17年になりますが、初めて見た東京都内の景色に戸惑いました。


福島で原発事故が起きた2日後、代々木の駅前にはほとんど人影がありませんでしたが、行きつけの洋食屋さんはいつも通り営業していました。。。今思うとお店のマスターも結構きつかったと思うけど、いつもと変わらないボリュームタップリの定食を見た時、何だかホッとした事を覚えています。


いつも当たり前にあった事がそうじゃないと知る事により、物の見方がビックリする程変わりました。


でも本当は何かが起きてから感じるのではなく、元々感じてないとやっぱりダメなんですよね。


それだけは私自身絶対に忘れたくないと思っています。






浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-04-06 23:54 | 足音レポート
<< 足音238 「2代目キーボード」 東日本大震災復興プロジェクト ... >>