足音232 「直心是道場」
e0169460_13302245.jpg

先日母から送られてきた本、「禅の言葉」~シンプルに生きるコツ  枡野俊明

「心を鍛える場をもつ」というテーマのところに書いてあった、「直心是道場」~(じきしんこれどうじょう)

この言葉の持つ意味を俊明さんは下記の様に説明していました。


e0169460_1353995.jpg

「直心」とは自分のありのままの気持ちということ。自分が本当にしたいことという意味です。

e0169460_13534411.jpg

その「直心」がすなわち、人生における「道場」になる。「道場」とは、自らの心が生み出す修業の場です。


そして人生の中に、自分を鍛える「道場」がなければ、人間というのは成長しません。





。。。。。う~~んなるほどッ!!っと思ったんで今日のテーマにしてみました。



e0169460_15403562.jpg

夢や目標を持つことは、実は簡単なこと。。とも書いてありました。

でも大事なことは、その夢に向かって一歩踏み出せるかどうか、それがあってこそ前向きに前進出来る。


その一歩が全てに繋がっていくという事なんでしょうね。



e0169460_15484250.jpg

自分もその一歩が中々踏み出せない時があります、先に頭で色んな事を考えてしまいますから、正直躊躇する時の方が多いんですね。


しかし。。頑張ってる人達がいる、頑張ろうとしている人達がいる、全力で前に進もうとしている人がいれば、やっぱり自分も頑張る!!(笑)



いや、皆でがんばろう!(何を?笑)




それでは来週もよろしくお願いします。





浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-03-02 16:11 | 足音レポート
<< 足音233  「前へ」 足音231 「時」 >>