足音231 「時」
e0169460_1642746.jpg

今週の足音では皆さんに誕生日祝いをしてもらいました。
e0169460_1645156.jpg

泣いてる。。。んではなくてですね。。。恒例のテキーラ一気呑みでやられている1枚です(笑)
e0169460_1651117.jpg

自分は22日だったんですが、23日(足音当日)に誕生日だったのは林田あいちゃん。
e0169460_1653140.jpg

記念すべき日に親子でタップ!!。。。いや〜何て素晴らしい光景でしょうか! 

誕生日=お母さんの記念日でもありますからね!! おめでとうございます!



時が経つのは早いもので、16才からソウルダンスを学び、タップダンスへと流れてから20年が過ぎました。

余談になりますが、この20年の間にはストリートダンスシーンも大きく変化していき、クラブでのショーからダンスバトルという時代に突入、ダンサー同士が1位2位を争うアスリート的な部分が強くなってしまいました。

20年前にかっこいいと思った日本人のダンスは今も色あせず鮮明に記憶に残っていますが、今20才くらいのダンサーは当たり前ですがその部分を知らずに育った子が大半だと思います。

そういった部分でも、日本人としてかっこいいダンスを追求するという姿勢や根本にある大事な事を私達30代は伝えていければと思います。


頂いた本にとても良い言葉が書いてあったので今日はその文章でしめます。



青春

みじかきゆえにうつくしく

みじかきゆえにきよらかに

みじかきゆえにたいせつに


みつを






いくつになっても青春しましょう(笑)

来週もよろしくお願いします!



浦上雄次
[PR]
by tap-dancer | 2012-02-25 16:40 | 足音レポート
<< 足音232 「直心是道場」 足音230 「歯ッ!」 >>