足音223『輪』
2011年、ラスト足音でした。
b0132139_23175021.jpg


人の輪ってすごい
b0132139_2318173.jpg

人の力ってすごい
b0132139_23183450.jpg

仲間の想いってすごい
b0132139_23184852.jpg

愛ってすごい
b0132139_2319138.jpg

いつものよに
一生懸命
アツい会話を繰り広げ続ける。
b0132139_23191581.jpg

伝え続ける。
b0132139_23192890.jpg

中盤からはARTN忘年会ご一行様がいらしてくださり
ANCEは超満員!
b0132139_23194041.jpg

せっかく来てくださったのにお席が足らずすみませんでした。。。
とってもとってもご近所だけれど
はじめて来てくださった方がたくさんで
皆さんで来てくださったこと、とても嬉しかったです。
ありがとうございます。
b0132139_23195134.jpg

ほんとにきっかけって
ふとした瞬間。
b0132139_2320420.jpg

来年もぜひ。
いつでもわたくし笑顔でお出迎えしますのでいらしてくださいね!笑
b0132139_23201621.jpg

b0132139_23204285.jpg

b0132139_2321479.jpg



この場に居合わせる奇跡。
b0132139_23211783.jpg


2012年もどうぞよろしくお願いいたします。
本年もたくさんの方に足を運んでいただきありがとうございました!

皆様よいお年をお迎えください。

Akkin
b0132139_23212993.jpg



本日は2011総括ということで各スタッフより以下!


------------------------------------------------------------

皆さん、今年最後の足音お疲れさまでした。

今年は震災があって、皆さん考えさせられた年だったと思います。足音もその時はどうするか悩みました。
けど、こうして踊れることが奇跡だし、感謝してます。

あの時のことは絶対に忘れてはいけない。
2012も頑張って行きましょう!!

お疲れさまでした。皆さんよいお年を!!

IKKEN

------------------------------------------------------------

みなさん今年も一年ありがとうございました。

まだTAPDANCEをはじめたばかりのペーペーな自分は毎週繰り広げられる壮絶なセッションに刺激を受け、板の上で踊る皆に感動してその姿を追いかけつづけて今があります。

この足音と言う現場において毎回訪れるチャレンジや笑顔や成功や反省、。

その毎週の自分と向き合い自分と対話する事自体がダンスうんぬん関係なく人生に置いて最も重要な事じゃないかなと思ってます。

それに真剣に向き合うからこそダンスも深みを増し、それが自分のスタイルに繋がるのかなと思います。

今回も足音で話しましたが「今まで以上にダンスを愛する」これは今の日本の状況と自分を照らし合わせた時に自然と行き着くひとつの答えと思ってます。

明日は我が身と考え感じた時におのずとダンスに対する感謝や愛情が湧いてくると思います。

皆が掲げる目標や感情、。
足音はそんな皆さんの心の中頭の中の世界を表現できる現場です。

来年も皆で力を合わせて妥協のないリズムで会話して行きましょう

来年も宜しくお願いします

群青

------------------------------------------------------------

たくさん笑っても
たくさん泣いても
たくさん食べても
たくさん打ちひしがれても

時はいつだって平等に進みます。

そんな中
毎週毎週木曜日に
こうやって
いつもの皆と、はじめましての皆様と、
出会え続けることのできた2011年に
深い愛を感じています。

皆様ありがとうございました。

いわずもがな
歴史の教科書に載るよな出来事が
たくさん起こった1年。

毎週ここに集って踊りあう私たちにできることって
なんだろう

3月のあの日から、みんなどこかしら想っているとおもうんです。

だから2012年、その想いをさらに。
優しさと強さを胸にすすんでゆきたいと想います。

足音ももちろん私も。

灯を明日も来年もその先もずっと。

来年もたくさんの気持ちやたくさんのリズムに出会えますように。
そしてみんなで前を上を向いていきたい。
そんな現場であり続けたいと想います。
足音万歳!

Akkin

-----------------------------------------------------------

大きな出来事が起こり、あらゆることの価値観が揺らぎ、
それぞれを問い直すことを余儀なくされました。
それは、自分にとって本当に大切なものは何なのかがよりクリアになった機会でもありました。

私の中で『足音』の地盤は揺らぎませんでした。タップの力は色褪せませんでした。
人間が生きるということ、その感情や、躍動、葛藤や喜びに、常に素直に寄りそい、
真摯に向かい合っているからこそ、たとえ言葉ではまだ表わせないことも、
タップで共有し合うことで、より『足音』は強くなれた気がしています。

今年最後の足音に多くの方が足を運んでくださいました。
新しい年もこのイベントでまた多くの出会いがあることを予感し、胸が高鳴りました。

私はダンスを生業にしているわけではありませんが、
ダンスから多くのことを学び、ダンスを人生の生業にしていきたいと思っています。
性別や年齢や職業に関係なく、人間らしい魅力にあふれた『足音』に集う人たちに会えることを毎週楽しみにしています。

みなさまにとって来たるべき年が実り多い日々でありますように。

2011年も『足音』を育ててくださりありがとうございました。

dowaccha!

-----------------------------------------------------------


b0132139_23214266.jpg

白熊忘年会も朝まで濃厚でした!
[PR]
by tap-dancer | 2011-12-31 18:26 | 足音レポート
<< 足音224  「2012年の初足音」 足音222 「志高く」 >>