足音187 「みつめなおす」
b0132139_16452739.jpg


こんばんは Akkinです。

先週はナショナルタップデイプレパーティー@ANCE、
2日間に渡り濃厚な時間。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。


b0132139_1645145.jpg


本編の舞台も週末に無事、幕がおり
少し一息、な1週間。

いつもの足音よりも 
少し静か けれどひとりひとり濃厚な

そんな木曜の夜でした


イベントや舞台やライブや、そういった「本番」に向けて
築き上げていく時間や作品や気持ちはとても大切なこと

日々の基礎練ありき、とはいえ
やはり人前で華やかに踊る瞬間を迎える以上
その準備たるや、色々あります


けれど

毎週木曜、この代々木の地下で行われている足音は
毎週が本番で毎日が鍛錬で (といったら大袈裟に聞こえるかもだけれど)

大きな舞台だけが本番ではなく
生きること自体が毎日本番なんだよ って

この日は
静かに温かく、それぞれに教えてくれる夜だったように想います。

b0132139_16482156.jpg



みつめなおす、とゆうか みつめあう、
大事なことです。


b0132139_16455250.jpg


この日ははじめていらしてくださった方が 素敵な歌を。
一緒に踊る笑顔はすごく楽しそうでした。素敵!

珍しく、受付からではなくDJブースの方から終始見ていたのですが
いつもと違う角度から見れるだけで
なんて新鮮なのだろう、と
個人的にもおもしろい夜でした。








いつからだったかな。
寡黙に けれど 常にかぶりつきの席で
じーーーーーーーっと 見つめる彼は足音へ通い始めました。

23時過ぎのサークルで、少しずつ少しずつ、想いの丈を踏みしめて。

いつでしたか、2ndの最初に、彼とスジさんと、もうひとりタップをはじめた頃の女子と
板の上にあがった日がありました。(デビュー戦、勝手に記憶しております。)

そうやってこうやって、着々と足音の階段をのぼってきた 彼。その名は ながじゅん。

当たり前に来週も来るものだと想っていたら、なんと、この熱き男ながじゅん、
この日の足音を一区切りに東京を離れるとのこと。


びっくりしたけれど


どこへいっても ね タップ絆は強いから
また次に会った時はみんなで円になって踏もう。


それぞれの毎日は確実に、時を流れている!

だからだから
足音は今宵も出会いとエールを繰り返しながら、来週へ1年後へ5年後へ向かって 進んでまいります。

b0132139_1646799.jpg





forever tapever!




*************


5月のインフォメーションを少々。

東京インターナショナルタップフェスティバルへスジタップを筆頭に
S.T.crewとして足音組を筆頭に•IKKEN、群青、kuriko、Akkin
yoshiko、阿部洋史、堀田美冴、小島和夫の9人が
なんとも愉快かつかっこいい作品にて挑みます。

5/6/金 19時開演@オリンピックセンター(参宮橋)
詳細はコチラ!
http://titf.seesaa.net/

チケットなどはashioto_tap@yahoo.co.jpまで
お気軽にお問い合わせください!

お待ちしています。

今年の東京インターナショナルタップフェスティバルではなんと
SUJI TAP PRODUCEのTシャツが登場!

こちらもお楽しみに!

b0132139_16462530.jpg





Akkin
[PR]
by tap-dancer | 2011-04-25 00:00 | 足音レポート
<< 足音188 「いよいよ来週だぜ!」 ナショナルタップデイ×足音(186) >>