足音128 赤裸々な夜
遅くなりましたが足音レポート128をお届けします!

b0132139_1340641.jpg


パーカッションのみで展開された足音128は

タップが、いや、タップダンサーが
赤裸々にされてゆく

そんな夜でした。

b0132139_13395388.jpg



旋律のある楽器とのセッションとはまた一味違い
パーカッションとタップとのセッションには

より一層 タップダンサーの意志の輪郭が必要なのではないか と

そんな事を感じます


上手いとか下手とかそんなことはどうだってよくて
魂全開・毛穴全開で音をリズムをドラマを創り上げていく

b0132139_13394579.jpg


それは
タップダンスのひとつの側面として
とてもとても意味のあることだと想うのです


例えそれがカオスだったとしても 笑


そんなありとあらゆる挑戦や実験に
何度でもチャレンジできる一夜がある奇跡

b0132139_13393573.jpg


足音はそんな場所です


なんとも足音らしい回でした

b0132139_13392316.jpg



一喜一憂。次回も(もう明日だ!)盛り上がっていきましょう!


足音でお待ちしています!





Akkin
[PR]
by tap-dancer | 2010-02-24 13:45 | 足音レポート
<< 足音129 ミニタップリライブ 足音127  本気と書いてマジな夜 >>