115 足音
b0132139_120101.jpg

今週の足音は日本で活躍している若手のタッパーから先輩タップダンサーまで、様々な人が踊りに来てくれた。

一緒にステージで踊る姿を見て「やっぱりこれだな!」と、しみじみ感じた一日。。


b0132139_120332.jpg

川村隆英さんによるタップを踊る時の精神面、音楽の解説もあり、中々意義のある会になりました。

たかさんが実際踊ってくれてそれを体現してくれた事も素晴らしかったと思います。(たかさんありがとうございました!)

11月18日(水)たかさんのタップジャム開催されます、詳細はi-am-taka-slyde@ezweb.ne.jpまで。
*予約制です、お早めに!


b0132139_1211456.jpg

たま〜にふらっと現れるパーカッショニストの「ゆんた」

「カホンを練習しているので一曲やらせてほしい」と言うのでやってもらいました。


こういったタップ以外のパフォーマンスは見ているだけで色々勉強になりますね。



結構寒くなって来て外に出ると「俺って。。」と、切ない感情も出て来たりの季節(笑)。

毎週毎週タップジャムと言う定義や、そこに集まってどういう事をやるべきか、やっていくべきかを模索しているんですが、一つだけずっと変わらない考えは。。

「踊り合って行く事」

プロも居ればアマチュアも居る、プライドや恥も全部覚悟の上で挑戦していく姿勢を見た瞬間、私は色んなタップダンサーから力をもらうんです。


いつも笑顔で踊っていたいと思う反面、笑ってばかりもいられない。


色んなドラマが足音では展開されています。



それでは来週もよろしく!!


SUJI TAP
[PR]
by tap-dancer | 2009-11-14 12:28 | 足音レポート
<< 足音116 足音 vol,114 >>