足音106 x TOMO concept  
b0132139_0394432.jpg

さあさあ。。そろそろ本格的に秋の到来です、秋と言えば秋刀魚か足音です。

今回は足音のホストミュージシャン渡邊智幸が自身のバンド「TOMO concept」を呼んで来てくれました。

普段はギター一本で奮闘してくれている智君もこの日ばかりは大はしゃぎ!!

b0132139_040888.jpg


熱い演奏を聞かせてくれました!!!!

b0132139_0402462.jpg

皆の演奏好きだな〜〜〜 結構個人的にファンになってます(笑)。



b0132139_040402.jpg

NYからまたもやお客様ご来店、今回はタップダンサーのウォーレン君が踊ってくれました。

何と彼は15才!! タップ界のモンスター ジェイソンとのセッションをYou Tube で見た事があったけど、生で見れるとは!!


将来がとても楽しみな好青年でしたね。


そんなこんなの足音は熱気ムンムンの中終了しました。


客観的に見た感想は「皆戸惑ってるな〜〜笑」って感じでしたね。

ミュージシャンが多ければイッケン。。いや一見派手に見えて良いのですが、それだけ音のボリュームも増すと言う事でタッパーがセッションする場合は結構難しいと思います。

タップダンサーは普段からテーマを持って練習すべき事が沢山あるかもしれませんね 、SWING 、FUNK 、BOSSA NOVA......



例えば神楽坂で行われているペンサコーラタップジャム、ここではJAZZのスタンダードをメインにピアノとベース等のシンプルな組み合わせで踊って行きますが、これがまた難しい!!。。。。

タップダンスの音の質と音楽との融合、そしてなめらかなダンスももちろん要求されます。

タップ音を拾うマイク等も特には無く、生100%の状態で聞かせなければいけないのも凄く勉強になりますね。


普段足音にだけ通っている人は是非神楽坂のペンサコーラタップジャムに行ってみて下さい。


何かヒントが見つかると思いますよ。



TOMO concept の皆さん、タッパーの皆さん、お疲れ様!!


来週もがんばろう!!


SUJI TAP
[PR]
by tap-dancer | 2009-09-13 01:20 | 足音レポート
<< 足音107 足音105 >>